目次

初心者向け!SDメモリカードの仕様を学ぼう

SDメモリカードの仕様を確認しよう!

SDメモリカード


様々な規格が記述され初心者の方には分かり難いSDメモリカードの仕様をわかり易く解説します。SDメモリカードの仕様は、SDアソシエーションが規格の策定を行っております。 SDメモリカード自体は、デジタルカメラやスマートフォン等の数多くの電子機器で採用され、最も身近なメモリカードです。

SD Association公式サイト

SDアソシエーションについて

引用:SDアソシエーションは、メモリカードのストレージに関する規格の策定と普及のための業界団体として、パナソニック、サンディスクおよび東芝の3社により2000年1月に設立されました。14社から始まったSDアソシエーションでは、現在約1,000社の会員企業がSD規格の設計と開発にあたっています。このことにより、企業はSDカードと機器間のよりスムーズな相互運用性を得、さらに快適なユーザ環境を実現します。

SDメモリカードのサイズを知ろう


SDカードのサイズはもともと、標準サイズ(SD)、miniSD、microSDの3種類が使われていましたが、miniSDは現在ではほとんど使用されなくなりました。

SDメモリカードの容量ロゴ表示を知ろう


SDメモリカードには4種類の容量の違いによるロゴ表記があります。SD、SDHC、SDXC、SDUCなどの「容量ロゴ表示」をしています。しかし、SDメモリカードを扱う機器側のSDメモリスロット側にはどの規格に対応しているか表記されない事が多いため、使用する機器がどの規格に対応しているか確認する必要があります。

規格は、下位互換を保っています。つまりSDUC対応機器ではすべての容量表示のものを使用することができますが。SDHC対応機器では、SDXCやSDUCロゴ表記のカードは扱えません。

登場時期は、SDが2001年、SDHCが2006年、SDXCが2009年、SDUCが2018年頃です。SDUCはまだまだ新人さんですね。

SDメモリカードのバスインターフェーススピードを知ろう


SDメモリカードにはSD1.0~SD8.0までの規格が存在し、データの高速転送化を実現しています。最初の規格であるSD1.0では、12.5MB/sしかなかったデータの転送速度が、SD8.0(SD Express)では、3940MB/sと最初の規格と比較すると約300倍の速度になっています。デジタルカメラの高解像度撮影や高速連射が可能なカメラの登場にメモリカードの高速化が非常に大きな意味を持っています。

UHS-Iをサポートするデバイスは、UHS-Iメモリカードで最高性能を発揮します。同様にUHS-IIをサポートするデバイスではUHS-IIカードで、UHS-IIIデバイスではUHS-IIIカードで、SD ExpressデバイスではSD Expressカードで最高性能を発揮します。使用する機器の仕様にあったカードを利用するようにしましょう。

UHS-II、UHS-IIIとSD Expressは排他的な規格となっています。
SD Express対応機器に、UHS-II、UHS-IIIカードは使用できません。
UHS-II、UHS-III対応機器に、SD Expressカードは使用できません。
UHS-IIとUHS-IIIは、下位互換を保っているため、UHS-III対応機器では、UHS-IIカードを使用できます。
UHS-I規格は、SD Express対応機器、UHS-IIとUHS-III対応機器それぞれでも使用することが可能です。

SDメモリカードの接続部分を見てみよう


先程見てきたように、速度の違いによってUHS-IIやSD Expressと言った規格に分けられており、それぞれカードの接続部分も異なります。 microSDは、PCIe Gen.3のみサポートし、PCIe Gen.4はサポートしていません。

SD3.01までは、3.3V電源(VDD1)の端子(第1ロウ)がのみで動作し、UHS-II以降では1.8V電源(VDD2)の端子(第2ロウ)が追加されています。
動作電圧範囲は、第1ロウ 3.3V VDD : 2.7V – 3.6V、第2ロウ 1.8V VDD : 1.70V-1.95Vとなっています。
1.8Vのみで動作する低信号電圧インターフェイスも存在しますが、目にする機会は余りありませんね。

SDメモリカードのスピードクラスを知ろう


スピードクラス規格動画の為の規格です。スピードクラスには、「スピードクラス」、「UHSスピードクラス」、「ビデオスピードクラス」の3種類があります。 メモリカードの高速化に伴い、スピードクラスは、2006年に登場した「スピードクラス」、2010年に登場した「UHSスピードクラス」、2016年に登場した「ビデオスピードクラス」へと拡張してきました。今後は、ビデオスピードクラスに統合していくことができます。これら3つの表記はすべて最低保証速度を記述した規格となります。 ビデオ録画機能を備えたカメラ等では、各スピードクラスに準拠した手順で書き込むことで、確実なビデオ録画を行うことが可能になります。

使用する機器によって、推奨されるSDカードのスピードクラスの表記が異なる場合があります。例えば、機器側でV10のSDカードを推奨した場合、C10やU1も同じ10MB/secの保証速度となりますが、同じV10の表記のあるカードでなければ最低保証速度を保証することができません。

登場時期は、スピードクラス2、4、6が2006年、スピードクラス10が2009年、UHSスピードクラスIが2010年、UHSスピードクラスIIが2013年、ビデオスピードクラスが2016年頃です。ビデオスピードクラスはまだ新しい規格と言えます。

適切なカードを選ぼう!


  • avatar
    知りたいのは僕のカメラで4K動画を撮影するためのカードなんだ。

    スピードクラスもたくさんあって、どれが適切なのかわかりにくいんだけど?

  • マニュアルを読みなさい!

    マニュアルも読まずに迷うのはやめなさい。ここでは、キャノンのEOS R5の仕様書から必要なSDカードの規格を見ていきましょう。

    キャノン - 一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ 製品マニュアル

    avatar

一般的に「4Kの動画」だけでは、情報量が圧倒的に不足しています。きちんと自分の機器のマニュアルを読み、どのような動画を撮りたいのかを正確に把握するようにしてください。

canon -eos r5
動画記録サイズ SDカード
8bit 10bit
8K 8K RAW RAW
RAW(軽量)
8K ALL-I
IPB ビデオスピードクラス60以上 ビデオスピードクラス90以上
IPB(軽量) UHSスピードクラス3以上 ビデオスピードクラス60以上
4K 119.88fps
100.00fps
ALL-I
59.94fps
50.00fps
ALL-I
IPB ビデオスピードクラス30以上 ビデオスピードクラス60以上
IPB(軽量) UHSスピードクラス3以上 UHSスピードクラス3以上
上記以外 ALL-I ビデオスピードクラス60以上 ビデオスピードクラス60以上
IPB UHSスピードクラス3以上 UHSスピードクラス3以上
IPB(軽量) SDスピードクラス10以上 UHSスピードクラス3以上
フルHD 119.88fps
100.00fps
ALL-I UHSスピードクラス3以上 ビデオスピードクラス60以上
59.94fps
50.00fps
ALL-I UHSスピードクラス3以上 UHSスピードクラス3以上
IPB SDスピードクラス10以上 UHSスピードクラス3以上
IPB(軽量) SDスピードクラス6以上 SDスピードクラス10以上
上記以外 ALL-I UHSスピードクラス3以上 UHSスピードクラス3以上
IPB SDスピードクラス6以上 SDスピードクラス6以上
IPB(軽量) SDスピードクラス4以上 SDスピードクラス4以上
タイムラプス動画 8K ALL-I
4K ビデオスピードクラス60以上 ビデオスピードクラス60以上
フルHD UHSスピードクラス3以上 UHSスピードクラス3以上
  • avatar
    本当だ!さっき言っていた規格がきちんと書いてあるね!

    スピードクラスの表記も混在してるねー。対応する規格がSDメモリカードに書いてないとだめなんだね。

  • そうね。最新の機器でも3つのスピードクラスが書かれている。

    もちろんスピードクラス表記は下位互換だから、SDスピードクラス10のメモリならSDスピードクラス6や4も対応しているわ。

    情報を調べるときに遠回りしている人が多すぎる気がするわ。まずは、自分の機器としっかり向き合ってみましょう。きっち近道だから。 4Kの動画ってだけにとらわれず、フレームレート、色、ファイルの形式等様々な要因によってスピードクラスは変わってくることだけ覚えておいてね。

    avatar

実際のカードをみてみよう


では、様々な表記について見てきましたが、実際のカードにどのように表記されているのか見ていきましょう。 先程紹介した「容量ロゴ表示」、「バススピード」、「スピードクラス」が表記されているのがわかると思います。

今回は、SanDiskさんのSDメモリカードを参考にご紹介しています。

おまけ、少しだけ単位を知ろう!


  • avatar
    そもそも単位について教えてくれないか?

    いろいろな機器を見ていると、MBやらMbpsやら書き方が混在しているけど、どういうことんだ?

  • 単位が重要ね。少し詳しく見ていきましょう。

    MB/sやMbpsも基本的に、1秒間にどれだけデータを転送できるかを表しているわ。 MB/sは、1秒間に何バイトのデータ転送が行えるか、Mbpsは1秒間に何ビットの転送を行えるか表しているの。

    コンピューターで扱える最小単位それがビット(bit)。1ビットでは、0と1だけつまりONとOFFだけ表現できる。 一般的なコンピューターでは、このビットを8個集めたものを1バイトと表現している。ただし、環境によっては1バイトが8ビットじゃない場合もあるから より正確な速度表記としてbps(1秒間に何ビットのデータを転送できるか)を使われるケースが多い。

    ここでは、あくまで一般的な例を取り上げてみるわね。つまり、1バイトは8ビットという前提ね。

    ビットは小文字のbで表現し、バイトは大文字のBで表現している。MBは何を表しているかというと、 バイトが1024個集まったものを1KB(キロバイト)と表現し、1KBが1024個集まると1MB(メガバイト)と表現している。

    つまり1MB/sは、1秒間に1メガバイトのデータの転送が行える。これをビット表現にするには、8倍すればいいから1MB/S = 8Mbpsになる。 逆に、10Mbpsをバイト表現にするためには8で割る必要があるから、1.25MB/sになる。速度を見る際には、ビットかバイトかに注目してね。

    avatar


COMPLETE


  • avatar
    お疲れ様でした!

    今回は、SDメモリカードの基礎を学びました。

    様々な規格があるけれど、結局は自分の使用する機器の仕様に合わせるこれが大切ね!


SKILL


学習内容

  • SDメモリカードの容量
  • SDメモリカードのバスインターフェーススピード
  • SDメモリカードのスピードクラス

コメント